元がきれいだと化粧しても映える

元がきれいだと化粧しても映える

オンとオフをうまく使い分けることって大切ですよね。
仕事柄、すっぴんOKという場合もありますし、しっかりメイクが求められる仕事もあるでしょう。
また、人と会うときは(相手にもよりますが)やはり多少はメイクが必須のようにも思います。
大人になれば、なかなかすっぴんでいることは難しいものなのです。

 

しかし、そのメイクも元がよければ映えるのも事実としてあるでしょう。
ポイントメイクの場合は、元の素材より技術的な問題の方が大きいような気もしますね。
整形メイクなんていう言葉がはやっているのもそのせいでしょう。
元の顔のパーツが分からないくらいになることも多いですからね。

 

しかし、ファンデーションを塗る素肌に於いては、素肌そのものがきれいであれば、更にファンデーションも映えること間違いなしです。
もちろん、ファンデーションといっても、化粧品会社各社で内容もカバー力も違うので、良いものを使えば更に美しくなることでしょう。
やはり昔から言われているように、色白は七難隠すというのも、色白で肌のきれいな人を指しているのでしょうから、もし顔のパーツで悩んでいたとしても
そこまで卑屈になることもないように思うのです。
やはり、きれいの基本は肌の美しさだとはっきりと言えるでしょう。